23,392社が登録する建設工事受発注プラットフォームCraftBank(クラフトバンク)

建設会社のビジネスマッチング/外注・発注・協力会社探し【建設業界企業検索クラフトバンク】 協力会社を探す 案件を探す
会員登録(無料)

管工事とは?種類や資格を解説

管工事という工事をご存じでしょうか。その名のとおり、配管などの設備を設置する工事のことですが、実際にどのような工事を行っているのか、また必要となる資格は何なのか、詳しく知らないという人も多いと思います。
ここでは、管工事の概要と、必要とされる資格について、詳しく解説していきます。

水やガスなど配管を設置する管工事

管工事とは、空調や給排水、冷暖房、ガスに関する設備や、管を使用して水やガス、油、水蒸気などを送るための設備を設置するための工事のことです。
よく行われる管工事は、水洗トイレやガス管、厨房などにつながる管などを対象としたもので、私たちの生活になくてはならない工事といえるでしょう。

管工事と似たジャンルの工事として混同されやすいものに、水道施設工事というものがあります。これらは、明確に線引きがされています。
建設業許可事務ガイドラインによると、上水道等の取水、浄水、配水といった施設と下水処理場内の処理設備を築造・設置する工事が水道施設工事、家屋やその他の敷地内の配水管の設置工事が管工事とされています。
要は、公共団体が設置する公的な施設で行う配管工事が水道施設工事、家屋のような一般の施設で行う配管工事が管工事と考えるといいでしょう。

管工事の種類

管工事にはさまざまな種類の工事がありますが、その中でも代表的な工事をいくつかご紹介します。

管工事の中でも、私たちの生活に特に密接に関係している工事のひとつが、ガス配管工事です。家の中にガスの配管を通して、料理やお風呂など、さまざまなシーンでガスを使えるようにする工事のことです。
この配管に不備があると、ガスを安定して供給することができなかったり、危険が生じてしまったりするケースもあるため、品質を重視した工事が求められます。
また、ガス配管工事には、都市ガスの工事とプロパンガスの工事の2種類があり、それぞれガスの供給方法が異なるため、工事に求められる知識や技術も異なります。

水道配管工事は、給水管引き込み工事、屋内配管工事、下水道排水設備工事の3つに大きく分けられます。そして、これら3つの工程がすべて完了して、初めて水道が使えるようになります。
仮に、どこかの工程でミスがあると、途中で漏水してしまったり、下水が上がってきてしまったりなど、さまざまな不具合を招いてしまいます。

ダクトとは、主に空気の通り道となる配管のこと。高層ビルや商業施設のような多くの人が集まる建物に取りつけられており、きれいな空気を循環させる役割を果たしています。
ダクト工事に不備があると、嫌なにおいが充満してしまったり、最悪の場合には一酸化炭素中毒などを引き起こしてしまったりする可能性もあるため、設置する際には細心の注意を払わなければいけません。

管工事に必要な資格

最後に、管工事に必要な資格について紹介していきます。

配管技能士は国家資格のひとつで、空調や給排水、冷暖房、ガスに関する設備の設置に関する技術を認定します。この資格がなければ管工事ができないわけではありませんが、配管技能士を名乗るために必要な資格であり、確かな価値を持ったものでもありますので、キャリアアップの第一歩として取得を目指すことをおすすめします。
配管技能士には1~3級までの等級があり、3級は技能試験のみ、2級、1級は筆記試験と技能試験があります。

管工事施工管理技士も国家資格のひとつで、単なる管工事の作業だけでなく、工事現場における施工管理上の技術責任者として現場全体の指揮がとれることを証明する資格です。
管工事施工管理技士には1級と2級があります。受験にはそれぞれ大学の指定学科を卒業して数年の実務経験が必要な上に近年の合格率は40~50%と、受験難度の高い資格となります。ただし、この資格があることで、営業所の工事が請け負うための認可に必要となる専任技術者や、現場の管理技術者として工事に従事できるようになるなど、活躍の場を広げることができます。

社会貢献度も高い管工事の分野で、自身のキャリアを磨こう

管工事の概要や具体的な工事内容、求められる資格について解説してきました。管工事は数ある工事の中でも、特に私たちの日々の生活に密接に関係しており、社会貢献度も高い仕事といえます。キャリアにおいても、実務経験を積んでいくことでより上位の資格取得が可能になっていくなど、自身の将来像をイメージしやすいため、モチベーション高く働ける環境があります。
どのジャンルで自分のキャリアを描くのか迷っている人は、管工事で仕事の意義を感じながら成長を目指すのもいいのではないでしょうか。